2020年:コスパ比較【ヘッドフォンを1万円で購入する選び方】

Headphone 

ヘッドフォンの購入を考えているいるけど『どの機能を重要視すればいいんだろう】と悩んでいませんか?

購入する時の悩み
1.安くて高機能がいい
2.買ってがっかりしたくない
3.ノイズキャンセリング機能が欲しい
4.そもそも、色々なメーカーがありすぎて何がいいかわからない

この記事を読んで頂ければ、自分のライフスタイルにあったヘッドフォンを選ぶことができます。

なぜなら、僕も実際にたくさん購入し、自分のライフスタイルにマッチしたヘッドフォンを選ぶことができ満足しています。

この記事では、3つのポイントについて紹介し、ヘッドフォンの

メリット・デメリットもお伝えしながら紹介します。

この記事を読み終えると、ヘッドフォン選びに悩むことも無く、自分にマッチしたヘッドフォンを
購入できます。

よろしくお願いします。

ノイズキャンセリングヘッドフォン【騒音だけがなぜ消える】

サッと消えます。本当です。

飛行機や電車の移動中で、周囲の騒音を消して、音楽だけが聴こえるようなるというもです。

Shamus
「本当に消えるん? 

っと疑問を持っている方も多いはずです。

実際に、ノイズキャンセリングのヘッドホンとイヤホンを愛用している自分が言います。

本当です。

簡単に言えば、ヘッドホンに搭載されているマイクで、周囲の騒音キャッチし

その騒音を打ち消す音を出すことによって騒音を低減する仕組みがノイズキャンセリングです。

 

ノイズキャンセリングレベル

ヘッドフォンの種類によっては、頭や耳の形状、環境に合わせて自分仕様にしてくれる機能がある
ヘッドフォンも登場しています。

また、オーディオプロセッサといわれるモノがあり、その品質レベルが価格に反映されています。

補足&注意その①
[優秀なノイズキャンセリングヘッドホンが欲しいなら、それなりの出費は覚悟していた方がいい
補足&注意その②
もちろん、1万円程度のヘッドフォンも販売はされていますが、移動中や飛行機の中で使うには、はっきり言って役不足

なぜなら、ノイズキャンセリング機能のレベルが格段に違います。

しかし、ハイエンドモデルでも、10万円はしませんのでご安心ください。

選び方ポイント①:ヘッドフォンをコスパで選ぶ

気軽に購入でき満足できる物とは、【コスパが高い】ヘッドフォンということになります。

リーズナブルでも、ハイスペックな【コスパ最強のヘッドホン】があれば

初めて買う人にとっては安心して気軽に購入でき音楽を楽しめます。

なぜなら、誰しもが安くていいものを欲しがりますよね

実際に、1万円以下のヘッドフォンもたくさん発売されています。

ヘッドホンの何に何を求める???

その1、ブランド
その2、音質
その3、機能
その4、デザインタイプ
その5、Bluetooth or Not Bluetooth

この中でコスパが高い=安価で高品質のヘッドフォンであれば

購入する為の決め手になると思います。

不安要素はやはり音質になります。

良い音質を求めれば、価格は当然それなりに上がります。

しかし、好む音域によっては価格を抑えられます。

そこで、いかに自分にあった【コスパの高い】ヘッドフォンに出会えるかが購入の決め手です。

学生にもオススメ

コスパ最強と言えば

JVC ビクター HA-RZ710 密閉型ヘッドホン ステレオヘッドホン ヘッドホン

(次回入荷分ご予約受付中)JVC ビクター HA-RZ710 密閉型ヘッドホン ステレオヘッドホン ヘッドホン 【1年保証】 【送料無料】

価格:3,650円
(2020/6/14 14:40時点)

世界的知名度と技術を持ち合わせたSONYソニー

ソニー SONY ブルートゥースヘッドホン MDR-ZX330BT [Bluetooth][ワイヤレス ヘッドホン MDRZX330BT]

価格:9,790円
(2020/6/14 14:49時点)

 

選び方ポイント②:ヘッドフォン音質の特徴


ヘッドホンによって音楽のイメージが変わるほど、音質には差があります。

これがまた、高価=高音質というわけではありません。

まず、自分の好みを確認する

『ベース音が好きで、低音の音質に突起したヘッドフォンが欲しい。』

『高音・低音共にバランスの取れたヘッドフォンが欲しい。』

・『ハイレゾ音源を楽しみたいので、ハイレゾ対応のヘッドフォンが欲しい』

自分を理解しておきましょう。

また、ノイズキャンセリングがあると、小さい音でも聞きやすく、耳にやさしく

格段によく聞こえます

 

選び方ポイント③:自分にピッタリの環境

音楽をどこで聞くかによっても選び方が変わります。

 

自分が今後どの場所で、

どのような状況で、

どのようによく使うかを考える

と、最適の選択ができます。

例えば

  1. ・通勤や通学中の電車でよく音楽を聴く。または聞きたい。
  2. ・ランニングやジムでトレーニング中に音楽を聴いて集中したい
  3. ・屋内の静かな場所で、じっくりと英会話の勉強がしたい。
  4. ・飛行機移動が多いので機内の時間を快適にしたい。
  5. ・外部の音をシャットアウトして籠りたい。
  6. ・カッコいいヘッドフォンをつけてスタバで勉強したい。

などが考えられますよね?

使う環境は屋外が多い??

 

よく使う場所が屋外という人は、多いのではないでしょうか。

外出時に使う場合、やっぱり気になるのが周りの音。

  1. 車・電車の音
  2. エアコンの吹き出し音
  3. 人の話し声

せっかく音が良くても、雑音がある環境であれば、その実力をフルで堪能はできません。

あと、外出先で充電が切れるようんことがあれば、それはそのまま荷物になります。

そこで、やっぱりヘッドフォンを選ぶ際に注目したいのは

ノイズキャンセリング付きのワイヤレスヘッドフォン

ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンオススメ

電車や飛行機の中で集中したい時に便利な 「ノイズキャンセリングヘッドホン

ANA国際線ファーストクラス全路線で採用

個人の装着状態や気圧の変化でノイズキャンセリングを最適化できるソニーのヘッドホン「WH-1000Xシリーズ*1」が、
世界最高評価「5スター」に7年連続で認定*2されているANAの国際線ファーストクラス全路線で採用*3されることが決定しました。

引用:SONY ソニーのノイキャンが、世界の空を快適に。

 

 

ノイズキャンセリングヘッドホンにおけるパイオニア的な存在。

BOSE 

ノイズキャンセリングにおいては一歩先行くメーカーとして知られています。

 

まとめ

今回は、コスパ比較をノイズキャンセリング機能の付いたヘッドフォンで紹介しました。

  1. ヘッドフォンをコスパで選ぶ
  2. ヘッドフォンに何を求めて購入すのか
  3. ヘッドフォンの音質
  4. 自分に合ったヘッドフォンの選び方

今回紹介した内容でヘッドフォンを購入する際に参考にしていただければ、

自分にピッタリあったヘッドフォンを購入することが必ずできます。

少しでも快適な生活にするならばおすすめです!

一度いいもをの手にすると手放せなくなること間違いなしです。