HawaiiでのおすすめのレンタカーはTUROです 【ショップより手軽です】

HawaiiでのおすすめのレンタカーはTUROです【ショップより手軽です】

 

ハワイのダイヤモンドヘッドにレンタカーで行く方法を知りたい。

というか、、、本当にレンタカーが必要なのだろうか…?

これから、初ハワイ初ワイキキを楽しみにしている人でダイヤモンドヘッドに行くことを計画している。。

こういった疑問において「現地のレンタカーショップより安くレンタルできる方法」

の情報の紹介です。

 

この記事を書いている私は、ハワイ歴4回です。

ぶっちゃけそんなに多くありませんが、ハワイで車をレンタルする難易度は結構低い為

十分だと思っています

現在は海外赴任でスペイン・デンマーク・ノルウェー・トルコ・ハワイ&オワフ・グアムで旅行に行った際に運転しました

今回はワイキキで使用した際のレンタカーの、実体験に基づいて解説します。

 

■ハワイで使用できるシェアリングカーサービスのTUROが最適

繰り返しになりますがTUROがおすすめです。

なぜかというと、このAPPは「他のレンタカーショップより格安でレンタルできる」から。

□体験談:ハワイ島で使用した話

具体的な話になりますが、2019年11月にハワイ島で利用してみました

今までにハワイ島&オワフ島に行った際は必ず車をレンタルしています

※TUROは今回が初めての利用です

 

Turo - Better Than Car Rental

Turo – Better Than Car Rental

無料posted withアプリーチ

 

スマホに上のアプリDLして使用してします(初期設定の必要あり)

旅行1ヵ月前辺りから、車を品定めを開始

選ぶ基準は

・どんな車種に乗りたいか(セダン_コンバーチブル_SUV_ピックアップ_EV)

・空港まで配送可能か。可能であればその際の料金は追加か追加無か。

これぐらいはざっくり決めておけば、検索する際は簡単に乗れる車がヒットします。

しかし、空港でピックアップしなくても問題ありません

自分が使用したい時間&場所(宿泊先周辺)が決まっていればピンポイントで指定できます。

これはかなり便利です。

必要な時だけ必要な分乗れるからです。

また、このアプリは国際免許を発行していた方がBetterです

しかし、

ハワイの場合、国際免許証は必要なし。

基本的に、日本の運転免許証のみでレンタル・運転することができます。

でも、速度違反をしたり事故を起こしてしまった場合には、国際免許証が必要になる場合が。。。

なぜかというと、事故を起こすと警察に免許証の提示を要請されます。現地警察の人が日本の免許書だけでは内容が理解できないからですね。

その際、日本の免許証では証明にならないのです。

つまり、ハワイでレンタカーを借りるならば国際免許を取得することを強くおすすめします

即日交付窓口に

必要書類を全て揃えていけば20分程(又はそれ以下)で発行できます

https://www.police.pref.fukuoka.jp/kotsu/unshi/031.html

 

■レンタカーでおすすめの予約方法は「事前予約」

  1. EasyRentCarsや、レンティングカーズなどの総合サイトを使用する
  2. 貸し出し日時、返却日時を指定し、ドライバー情報、希望があれば入力をして予約する
  3. 予約した営業所受け取り、利用開始し、指定場所へ返却。

流れな、日本で使用するのと同じです。

レンタカー予約はWebサイトの事前予約が便利!

繰り返しですが、ハワイでは日本の運転免許証のみで契約・運転が可能です。

ハワイでレンタカーを借りるならば国際免許を取得することを強くおすすめします

 

また、所持しているクレジットカードにも、レンタカーショップと提携しているカードもありますので確認してみてください。

クレディセゾン海外旅行にはコレ!NEOMONEY

大体のレンタカーショップは割引キャンペーンを行っています。

ハワイでレンタカーの給油方法【簡単です】

車に乗ると当然一回は給油をしないといけませんよね?

ほぼ、100%のレンタカーは満タン返しで基本になっていますから。。

ここでは給油方法を説明します。

まず、絶対に確認しないといけない事があります。

1.ガソリン・スタンドはgas station(ガス・ステーション)
2.ほとんどがセルフサービス
3.レギュラー、ハイオク、軽油と表示されていない

オクタン価「87」「89」「91」と、給油機に記載されている

(オクタン価「85」「87」「91」のパターンもあります)スタンドによって違いがる。。

87がレギュラーと同じで、91がハイオクと同じです

支払い方法は日本のセルフ式と同じ、前払いとなります。

ガソリンの単位は、ガロンです1ガロン=約3.8リットル(1ガロン当たりの金額が表示されています)

支払方法は前払い

コンビニのようなショップに入ってレジにいる、おばちゃん(大体)に給油機の番号を伝え

その後、〇〇ドル分よろしくっと言えばあとは支払いを済ませ、給油するだけ

※必ず給油機の番号を確認して正確に伝えましょう‼

クレジットカードでの支払い方法

給油機に据え付けられているクレジット支払い機は日本のクレジットカードは使用できませんので

注意が必要です。数回トライしましたが店内スピーカーで『あなたは、ハワイかアメリカの居住者ですか?』的なことを聞かれました。

クレジットカード支払いをしない場合もまず

ショップに行き、クレジットを使用したい旨を伝えます

その後、いくら給油するか聞かれるためフル(満タン)と伝えます

そーすると、クレジットカードを一旦レジの人に渡すと給油できるようになります。

給油完了後に再度、ショップに行きカード支払いの手続きが行えます

 

まとめ

ハワイに旅行に行った際はレンタカーを使用して行動範囲を広め、ツアーじゃ味わえない

ローカルな気分に浸ってみてはいかがでしょうか?

くれぐれも無茶な運転をしないように。

安全運転で楽しんでください。